思春期 わきが 原因

わきがは思春期が一番強いを発する?

 

思春期になるお子さんからわきがの臭いが強くなったと感じる人も多いのではないでしょうか。

 

ニオイが強くなるのかはわきがの原因であるアポクリン腺の発達が関係しています。

 

わきがの強くなる時期は女性の場合は生理が始まってから2から3年たったころから、男性の場合は思春期がはじまる少し前から次第に臭いが強くなるといわれています。

 

そしてだんだんアポクリン腺は発達していき活発になっていきます。

 

アポクリン腺が活発になるので当然わきがの臭いも強くなるのです。

 

 

わきがの手術はした方がいい?

 

もしも親御さんがわきが体質だった場合は子供には同じ思いをさせたくないと思っていることでしょう。

 

そして手術を受けさせて苦労がないようにと思っている人も少なくないと思います。

 

ですが、思春期の子供のアポクリン腺は発達段階にあります。

 

発達したアポクリン汗腺は目視で確認することができますが、未発達の汗腺は完全に汗腺を取り除けるとは限りません。

 

わきがの手術の多くは目視によるアポクリン腺の除去を行います。

 

しかし手術をしても未発達のアポクリン感を取り除くことができなかったらどうでしょうか。

 

そうです。わきがは再発することになります。

 

だからアポクリン汗腺が発達段階の思春期はわきがの手術はすべきだということはできません。

 

だから思春期には手術よりもデオドラントや体質改善のような対処療法が効果的ということができるでしょう。